読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散財日誌

33才サラリーマンの消費活動

20170324 : フィリピン人の愚痴を聞く

ボンソワ

焼きカレー ¥850

 

混んでいても提供が早い&同卓同時、並みだけど飽きない味、適度な量、食後には遠慮なく煙草が吸える。人気の理由はこんなとこかな。営業時間17時まで&土日休みっていう潔さ。店内の写真から、マスターは釣りキチらしいんで週末はそっちで忙しいんだろうな。

 

PRONTO

・ココア ¥280

 

よく行く店舗は喫煙席の居心地が良いから好きです。そういえばどういう会社が運営してるんだっけ?と思って調べてみたら、サントリーUCCが共同出資した会社だったんだね。どうりで夜のドリンクメニューはサントリー色強いわけだ。

 

ファミリーマート

・東京クラフトペールエール×2 ¥514

ラッキーストライク ¥460

 

週末に日本を発つ会社のフィリピン人が料理を振舞ってくれるっていうんで、ビールを持参してお邪魔。ポークリブとパイナップルを煮付けたやつが旨かったな。

 

【合計】 ¥2,104

 

フィリピン人の彼は自分の給与が周りの外国人と比べて低いことを愚痴っていた。大企業なので、パフォーマンスが給与にダイレクトには反映されない。特に海外プロジェクトでの有期契約の場合、その時々のボスの意向やプロジェクトの状況などなど、不確定な要素が多い。ずっと給与据え置きのこともあれば、急にポンと上がることもある。パフォーマンスが一番大事。だけど、パフォーマンスだけじゃ駄目なんだ。